【7/1日・21土】特別講座「自然と調和する伝木住宅のすすめ」

数百年後の 未来に残る 日本の家

ゴミの山になった住宅

東日本大震災の後、多くの住宅がゴミの山となりました。
現在、ほとんどの日本住宅は耐用年数が短く材料の再利用はできず化学物質は自然に還ること
無く、けっきょく産業廃棄物になります。これを処理する費用や労力は建設時には無視され、そのつけを後世の人に転嫁しているのです。
数世代先の子どもたちのことを考えて本来の日本住宅をイメージすればするほど、
日本が古来から培ってきた木造技術「伝統木構造」が最も理にかなっていることがわかるのです。

丈夫で長持ちする家

地元で手に入る木材を使い、地元の大工さんが作り、丈夫で長持ちしゴミを出さない建築。
化学物質も無く安全な「伝統木構造」は決して過去の技術ではなく、未来に繋いでいくべきものです。

「家」とは何なのか

「家」の材料はどこで、誰が作るのか。

快適に過ごすためにはどれだけエネルギーを使ったらいいのか。

街のためになっているのか。

最後にどう壊すのか。

全てを一から考えることが必要になります。
それがもの作りの楽しさであり、愛される家の作りかたなのです。

———————————————————————————————————————–

< 詳細 >

伝統木構造こそ 未来に受け継がれるべき技術
「自然と調和する伝木住宅のすすめ」 特別講座

■日時:7/1(日)7/21(土)各日13:00~15:00

■参加費:¥2,000

■会場:ナチュラル&ハーモニック プランツ店内

■講師:梅澤 典雄さん
梅澤典雄設計事務所 / NPO伝統木構造の会 理事 / NPO新月の木国際協会 理事
2007年梅澤典雄設計事務所設立。2016年鎌倉の自宅庭に新月小屋を設置。 伝統木造建築や新月材の素晴らしさを深く理解し、建築業界に広めている。

■後援:NPO伝統木構造の会/NPO新月の木国際協会

■その他:終了後、連続講座「小屋の学び舎」http://nh-plants.com/koyanomanabiya2018/についてのガイダンス説明会がございます。 興味のある方、検討中の方はお気軽にご参加ください。

■お申し込み: 以下サイトでご登録、またはTel 045-914-7505(ナチュラル&ハーモニック プランツ)までご連絡ください。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMzagwIRnM

■会場・お問い合わせ:
————————————————-—————-

ナチュラル&ハーモック プランツ
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-25
ノースポート・モールB2F
http://www.nh-plants.com/access/
TEL:045-914-7505
OPEN:10:00~21:00(年中無休)

————————————————-—————-

Scroll to top