Zipangu Modern トピックス

江戸木箸の「大黒屋」フェアー

進呈の箸置きはこの3型の中から2つ!

進呈の箸置きはこの3型の中から2つ!

 「Zipangu Modern」での、フェアーのお知らせです。前回の越前漆器「錦壽フェアー」に引き続き、9月3日(水)〜30日(火)・予定は江戸木箸の「大黒屋フェアー」を開催しています。フェアー期間中に、大黒屋の箸および箸関連商品(箸袋等)を合計10,000円以上お買い上げのお客様に、「鋳心ノ工房」の鋳物のお箸置き「ハーフ」、「丸」、「角」の中からお好きなものを2つ進呈しています。是非、この機会にお店の方へもお立ち寄りください。

 「大黒屋」は五角のお箸を世に送り出した工房。手削りでここまで正確な五角形のお箸を作り続けてきました。工房の主人の竹田さん曰く、「箸は命の橋渡しをする道具。手の大きさや感覚は人によって違うので、実際に握ってみて自分に合った箸を選んでほしい。五角の箸は、箸を道具としてとらえて行き着いた結果、箸を持つ3本の指の位置と一致して指にフィットします」とのこと。確かに、お箸を変えたらいつものご飯がより美味しく感じられました、というお客様の声を多数いただいています。五角箸の他にも、「手削りでは作れない」とまで言われていた幻の「七角箸」、これまで扱っていなかった「大黒削り箸」も取り揃えました。「七角箸」は私も愛用していますが、「八角箸」と「五角箸」の長所を併せ持ち、手に馴染んで使いやすくお勧めです。また、豆腐が壊れ難い「豆腐箸」や、短時間に納豆をかき混ぜる「納豆箸」、麺がつかみやすい「手打箸」等の用途に合ったお箸も揃えて、皆様をお待ちしています。

投稿日時:2008-09-07 16:32